メンタルが含み損に耐えられない…その原因と対策を考えてみた

トレードをしているとエントリーした瞬間、自分が進んでほしい方向ではなく反対の方向へ動くことってよくあります。
しかし損切ポイントまではすぐに決済するのではなく含み損を抱えつつも耐えなければ損切貧乏になってしまいます。

マイナスになっている画面を見ていてメンタルが揺さぶられる今日この頃ですが、自分の中でルールを決めて含み損を乗り越えようと思います!

【2018/9/17】AUD/JPYのトレード+52pips

今回は4時間足でエントリーしてみました!結果的にプラスで負われたが反省の多いトレードでした。

日足 下降傾向
4時間足 下降傾向
1時間足 直近上昇傾向で既にMA下抜け

4時間足MA抜けでショートを1ロット仕掛けたが、ヒゲで戻された。
損したくない気持ちから途中ロングもしたが、すぐに決済。←これ必要ない。

損切りポイントから少し戻しつつあるが、そこでも戻してきたからとショートエントリー。
結果的に損切ポイントから大きく下降して最初のエントリーも利益に転換したので2回目のショートエントリーは利益を伸ばしたが単なるラッキーだった。

30分足、1時間足のMA抜けでエントリーすればマニュアル通りに獲得できたポイント。
4時間足ではロウソク足の確定をしばらくは待ってエントリーしようと思う。

【2018/9/19】USD/JPY +12.9pips

含み損にメンタルが揺さぶられる原因は

シナリオ通りにエントリーするには、今の自分の許容できるロットでやるべきだと思った。
このくらいの損失なら大丈夫、という値にすれば極度に反応しない自分がいる。

大きすぎるロットのエントリーのせいで含み損が気になりすぎた。

何よりも経験と練習量が圧倒的に足りないから自信が無くて常にチャートを見てしまうんだと気づきました。
学生時代のテストとかも圧倒的に勉強した内容であれば、見直しを1度すれば自信満々で終了時間まで寝ていましたもん。

これはFXも同じだな~。うまくなるには何事も練習ですね♪

今回決めたマイルール

  • 決めたシナリオのみでエントリー
  • 1時間足以下でエントリー
  • 1万通貨でトレードする
  • 両建てはしない
  • すぐにストップロスを設定する
  • 決済するまでいくらの利益になっているか確認しない
  • 子供との時間のときはトレードしない

トレードの知識以外にも、注文方法などの使い方など慣れていなくて無駄に注文してしまったものがあったので気を付ける。

MT4のワンクリック注文ボタン、あれ2回もうっかり押してしまいました(;^ω^)どちらもプラスで決済できたからよかったけど損失につながってたら行き場のない怒りが込み上げてきたところでした(笑)

そして昼間にポジションを持つと、チャートの動きが気になって子供に意識が薄れてしまうのがとても申し訳なかったので起きている間はやらないと決めました。

相場は逃げない。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です